ご挨拶

代表取締役社長 今村 宏

私たちは、安全・安心な食品を安定供給する使命を担い、物流に携わる人びとの職場環境の改善に取り組んでまいります。

当社は、大井水産物埠頭に冷凍水産物の一大流通拠点を建設する目的で1972年9月に設立されました。冷蔵倉庫を始め、関連諸施設を一元管理する会社として、行政、株主様、テナントの皆様、荷主様、その他関係各社のご協力により今日に至っております。

現在、東京湾岸に26万1千トンの保管能力を有しており、複合型冷蔵倉庫団地としては世界では類を見ない規模となっております。

冷凍品(原料・製品)の輸入が、東京、川崎、横浜の3港に集中しており、水産品、畜産品、農産品、冷凍食品等の国内向け物流拠点として重要な役割を担っております。今後、多国間での貿易協定の締結に加え、東南アジアの国際ハブ港との連携により3港への輸入量はますます増加傾向となることが予想されます。

テナントの皆様とは日頃より知恵を出し合いながら、より高い物流品質の維持と効率性の高い物流体制の構築、さらには施設内で働く人々の安全・安心を確保するための諸施策を講じております。

最近では、テナント様と荷役会社様との協働による「グリーン物流プロジェクト」を結成し、構内トラック待機時間の削減にも取り組んでいます。

都内の冷蔵倉庫の抱える問題として、施設・設備の経年化とそれに伴う移転問題があげられますが、当社も例外ではなくB&S(ビルドアンドスクラップ)を実現すべく、長期施設検討会を発足して将来のあるべき姿を模索しながら準備に入っております。行政、株主様、テナントの皆様、荷主様、その他関係者の皆様のご期待に応えるべく、時代の変化を先取りした次世代で活躍する物流施設の建設・運営に全力を尽くす所存にございます。

今後とも変わらぬご指導、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

ページトップ